五十肩 | 北九州市八幡西区(折尾・三ヶ森)の整骨院「ハート鍼灸整骨院」

五十肩メインイメージ

夜間痛や関節の可動域低下に対して施術します。
ハート鍼灸整骨院独自のツボを使い、早期回復を促します。

五十肩

五十肩は一般的に40~50歳くらいに発症しやすいのでこの様な名称になっていますが実際には70歳を超えて初めて発症することも珍しくありません。

急性期:痛みだして1~2ヶ月。炎症と痛みが強い。
慢性期:急性期を過ぎた頃から慢性期になり、関節が固まりやすい。

症状

  • 腕を横に水平に上げると痛む
  • 手が頭の後ろに回らない(シャンプー洗いが出来ない)
  • 手が腰に回らない(エプロンの帯が結べない)

上記のように肩関節の運動痛が顕著に出ます。
他には関節が固まって動かない、夜間痛、手や指などへの放散痛です。

急性期の施術

五十肩、四十肩の急性期には消炎、鎮痛に主眼をおきますので アイシングで患部を冷やしたり負傷部位以外の遠隔部に対しての施術を行います。

特に安静が一番大事で、1~2ヶ月間は痛む動きは制限します。
また日常の生活では三角巾などで腕を吊ると楽になります。

しかし痛むからといって動かさないままでいると癒着が起き、関節が固まってしまう原因となるので『振り子運動』などの優しい運動を指導いたします。

慢性期の施術

慢性期では関節が固くならないように、電気施術や温熱療法などの物理療法と運動療法を行います。
慢性期では運動療法で関節をやわらげ、固まるのを防ぐことが大事です。

運動療法では固まって上がらなくなった肩関節を本来動く方向へ、専門的なアプローチで運動を行いますが肩を動かす際、無理に動かしたり乱暴に扱うと肩関節の炎症が悪化することがあるので運動療法(リハビリ)には専門の知識が必要となってきます。

また、この時期に積極的に運動療法をしていかないと 拘縮(こうしゅく)と言って関節が固ってしまう症状が発生し改善が遅れます。

ハート鍼灸整骨院では拘縮予防のためにリハビリ専門のスタッフが、自宅で出来る運動療法を指導させていただきます。
五十肩での施術期間はおおよそ3~6ヶ月になります。

寝るときの姿勢

夜間痛がある時は、痛むほうを上にして横向きになるのが基本です。
就寝時に抱き枕や、肩関節の下にタオルを挟むなど日常生活にも工夫が必要となってきます。

お客様の声

五十肩に関連するブログ

PAGE
TOP