梨状筋症候群 | 北九州市八幡西区(折尾・三ヶ森)の整骨院「ハート鍼灸整骨院」

梨状筋症候群メインイメージ

スポーツや長時間のデスクワーク・運転などが原因となり引き起こされる「梨状筋症候群」。
坐骨神経痛にも繋がると言われている症状です。

梨状筋症候群

お尻の筋肉の一つである梨状筋が、緊張して硬くなったりすることにより、坐骨の神経を圧迫することが原因で引き起こされる症状と言われているのが、「梨状筋症候群」です。

お尻の外側に痛みを感じ樽、太ももに痺れを感じる場合があります。
長時間座っているときに症状や痛みを感じやすいとも言われています。

症状

「梨状筋症候群」に見られる症状は下記の通りです。

  • 太ももや足先に痺れを感じる
  • 長時間座っていると痛みが強くなる
  • 腰を曲げると足に強い痺れを感じる
  • 長時間の運転や座った状態でいられない

「梨状筋症候群」は、坐骨の神経を圧迫する姿勢を取る際に、強く症状を感じる場合があります。

こんな人は要注意!

  • 長時間中腰で作業する(草むしりなど)
  • 長時間座って作業をする(運転やデスクワーク)
  • ギックリ腰が原因の慢性的な腰痛持ち
  • 強いストレスを感じる(仕事やスポーツなど)

施術

当院では、手技で梨状筋に対してアプローチを行います。
梨状筋はお尻の深い部分にある筋肉のため、手技でアプローチできない場合には、鍼灸やハイボルトを用いることもあります。

また、楽トレでインナーマッスルを強化したり、トムソン矯正で、梨状筋に負担をかけることなく骨盤のバランスを整えていきます。

PAGE
TOP