ランナー膝 | 北九州市八幡西区(折尾・三ヶ森)の整骨院「ハート鍼灸整骨院」

ランナー膝メインイメージ

長距離を走る人が引き起こしやすいのが、「ランナー膝」です。
筋力低下や準備運動の不足で引き起こす場合がある症状です。

ランナー膝

ランナー膝の原因は、オーバーユースや走行フォームの癖、O脚などさまざまあります。

膝に負荷のかかるトレーニング方法で長時間走ったりすることで、痛みが生じる場合や、走行時のフォームが過重に膝に負担のかかるものであったりと、膝に痛みを感じさせることがあります。

痛みを無視して使い続けると、痛みがさらに悪化する場合もあるので注意が必要です。

また、膝への負荷だけではなく、使用している靴などが合っていない場合なども原因の場合があります。
走るときの環境や癖を改善することが大切になります。

症状

  • 足の屈伸時に痛みを感じる
  • 膝の外側に痛みを感じる
  • 痛みが生じても、一時的に休憩すると緩和する

対処

痛みを感じたら、放置するのではなく、早期に改善する必要があります。
痛みを感じたまま無理に使用すると、慢性化しやすくなると言われています。

そのため、まずは安静にすることを心掛けましょう。
また、運動するときには事前にしっかりとストレッチなどの準備運動をするようにしましょう。

施術

ハート鍼灸整骨院では、炎症を抑制するためにハイボルト施術を行います。
さらには、鍼灸を用いて血行改善も行い筋肉をほぐす施術を行います。

日常的に運動をする方には、テーピング療法を行い足にかかる負担軽減を行っていきます。
強い痛みを感じる方には、インナーマッスルを強化しながらリハビリを行っていきます。

PAGE
TOP