ジャンパー膝 | 北九州市八幡西区(折尾・三ヶ森)の整骨院「ハート鍼灸整骨院」

ジャンパー膝メインイメージ

10代のスポーツ男子によくみられるのが、「ジャンパー膝」と言われています。
軽い痛みはストレッチで改善が見込まれますが、重症化すると手術が必要になるため、早期に改善することをおすすめします。

ジャンパー膝

ジャンパー膝とは、飛ぶ行為を繰り返し行ったことにより、主に大腿四頭筋や膝蓋靭帯を酷使してしまった場合に引き起こされる症状です。
バスケットやバレーボールなど、飛ぶことを必要とするスポーツをする人に多く見られる症状です。

ジャンプを繰り返し酷使することで、大腿四頭筋や膝蓋靭帯に炎症を引き起こしやすくなるためと言われています。

ジャンパー膝と混同されやすいのが「オスグッド」です。
この2つの症状の違いは、年齢と症状に違いがあると言われています。

症状

下記の症状がみられた場合には、ジャンパー膝の可能性があります。

  • 膝の皿に痛みを感じる
  • 階段を利用するときに特に痛みを感じる
  • 飛ぶと痛い
  • 痛みが影響して走ることができない

施術

当院では、まず、安静に過ごしてもらうことを推奨します。
そのため、安静にした状態でも行える施術やリハビリを行っていきます。
ストレッチやサポーターなどを活用して大腿四頭筋をほぐし改善をめざしていきます。

症状が軽症の場合には、テーピングを活用することもあります。

PAGE
TOP