テニス肘 | 北九州市八幡西区(折尾・三ヶ森)の整骨院「ハート鍼灸整骨院」

テニス肘メインイメージ

「テニス肘」は、テニス選手に多く見られる症状です。
また、手の使用頻度の多い30代~50代の女性にもよく見られる症状でもあります。

テニス肘

テニス肘の症状は、炎症が要因となり肘の外側に痛みを感じることです。
テニス選手に多く見られる症状でもありますが、ゴルフや日常生活においても発症するケースもあります。

テニス肘は、重い荷物を持つときや物を絞る動作をする際に痛みが生じやすくなります。
テニス選手だけではなく、筋力低下や姿勢の悪化などが原因で30代~50代の女性にもよく見られる特徴があります。

対処

テニス肘の改善には、まず安静にする必要があります。
筋肉をオーバーユースしたことが原因のため、なるべく使用しないように心がけましょう。

日常生活においてもなるべく肘を使用しないことは難しく、改善には時間を要してしまうケースが多くみられます。

症状が回線したのちに再度負荷をかける、関節のバランスが悪い場合には、再発する可能性もあるので注意しましょう。

施術

ハート鍼灸整骨院では、お客様の症状に合わせた施術を行います。

ハイボルトを使用した痛みの軽減や自然治癒力を向上させたり、刺激なく痛みにアプローチするマイクロカレントでの施術などを行います。

その他にも、鍼灸や手技などで局部にアプローチを行っていきます。

PAGE
TOP