腸脛靭帯炎 | 北九州市八幡西区(折尾・三ヶ森)の整骨院「ハート鍼灸整骨院」

腸脛靭帯炎メインイメージ

使いすぎが原因となって引き起こされる「腸脛靭帯炎」。
激しい運動や筋力の低下などが原因になると考えられています。

腸脛靭帯炎

腸脛靭帯炎は、オーバーユースによって炎症を起こしてしまうことが原因と言われています。

過度な運動で使いすぎたことや柔軟性の低下によって炎症を引き起こすと言われており、長距離走やバスケ、水泳などのスポーツ選手に多く見られやすい症状であると言われています。

症状

  • 膝の外側に痛みや腫れを感じる
  • 昇降運動時に痛みを感じる
  • 走ると膝に痛みを感じる
  • 長距離走ができない
  • 運動時のみに痛みを感じる

施術

当院では、電気療法(ハイボルト)を使用した施術を行い、炎症を軽減するサポートを行います。

また、姿勢改善を促す骨盤矯正で症状改善をめざす場合もあります。
一時的な痛みの改善だけではなく、筋力を向上させ再発防止を目指します。

PAGE
TOP