機能性胃腸症 | 北九州市八幡西区(折尾・三ヶ森)の整骨院「ハート鍼灸整骨院」

機能性胃腸症メインイメージ

身体的には問題がないにもかかわらず、胃もたれや胃痙攣などの症状があらわれる「機能性胃腸症」。
一説には過度なストレスが原因とされています。

機能性胃腸症の原因

胃もたれや胃痙攣の自覚症状があるのに、検査をすると問題がない。

機能性胃腸症の原因はさまざまな説がありますが、はっきりとした原因はまだ分かっていません。

一説によると、過度なストレスがかかって自律神経のバランスが乱れ、それが原因で胃の知覚過敏や動きの乱れが起こるということが報告されています。

こんなことがあれば「機能性胃腸症」かも!

  • 起床時、口の中が酸っぱい感じがする
  • 食後に気分が悪くなる
  • みぞおちのあたりがヒリヒリするような感覚がある
  • お腹が張って苦しい
  • 胃カメラや内視鏡検査では「異常なし」と診断された

改善・予防

原因が職場や学校でのストレスにある場合、その環境を変えることは難しいでしょう。突然症状が出てしまうこともあり、タイミングを把握しづらいことも治療が遅れがちになってしまう一因と言えます。

まずは病院で検査を受け、医師や医療従事者と協力しながら解決法を探すことをおすすめします。

日常生活では、とくに食事に気をつけることが大切です。納豆やヨーグルトなどの発酵食品をしっかり摂り、脂っこいものや刺激の強いもの、消化の良くないものは避けるようにしましょう。

また、ウォーキングなどの適度な運動を取り入れるのもおすすめです。

施術

機能性胃腸症が疑われる場合は、まずは病院を受診することをおすすめします。当院では病院の治療の経過に合わせて、施術を行っていきます。

当院ではまず鍼灸施術によって自律神経のバランスを整えます。また、腸の位置を整えるためにトムソンベッドを使って全身バランスを整える施術を行います。さらに、腸の活動を保持するためにハイボルト(特殊電気治療器)を用い、腸腰筋を刺激します。

PAGE
TOP