逆流性食道炎 | 北九州市八幡西区(折尾・三ヶ森)の整骨院「ハート鍼灸整骨院」

逆流性食道炎メインイメージ

胃酸によって食道の壁が炎症を起こすことで発症する「逆流性食道炎」。
胸やのどの焼けるような痛みを訴える方が多いです。

逆流性食道炎の原因

逆流性食道炎の原因は、胃液に含まれる強い胃酸により食道の壁が炎症を起こすことにあります。しかし、身体が正常な状態では胃液が食道に流れ込むことはあまりありません。

胃液の分泌が増える主な原因は、肉類や脂っこいものの摂りすぎ、不規則な食事、過度なストレスにあるとされています。

また、加齢によって、胃液の逆流を防ぐ蓋の役割をする器官がうまく働かなくなることも原因の一つです。

症状

  • 胸やのどに焼けるような痛みがある
  • 起床時、口の中が苦いと感じる
  • お腹が張って苦しい
  • お通じが安定しない
  • のどに違和感を感じ、咳が出ることもある

対処・予防

食事の内容と食べる時間帯に気を付け、過度なストレスがかからないようにすることが大切です。日常生活で以下のことに注意しましょう。

  • 肉類ばかりの脂っこい食事、辛いものは控える
  • アルコールは摂取量に気を付ける
  • 食事は決まった時間にとるようにする
  • できるだけ間食はしない
  • 食事の後にすぐに寝たり、横にならないようにする

施術

当院に来院される前に、まずは病院で受診されることをおすすめします。病院での精密検査の結果や症状の経過をみながら、当院での施術を合わせて行うことで、再発を防いだり、症状を軽減したりすることが期待できます。

逆流性食道炎には胃酸分泌が関わっています。まずは鍼灸による施術で背部のツボを刺激して自律神経の調整をします。また、逆流性食道炎を起こす方の場合、猫背などで胃が圧迫されている方が多いため、トムソンベッドを用いて全身の骨格調整を行います。

さらに手技施術で筋肉を緊張をほぐし、全身の循環を良くしていきます。

PAGE
TOP