ポッコリお腹 | 北九州市八幡西区(折尾・三ヶ森)の整骨院「ハート鍼灸整骨院」

ポッコリお腹メインイメージ

年齢を問わず多くの方が悩んでいる「ポッコリお腹」。
改善するためには、「ポッコリ」の原因を知り、日常生活に気を付けながら長期的にケアすることが大切です。

ポッコリお腹の原因

ポッコリお腹の原因

ポッコリお腹や、お腹のたるみの原因は大きく分けて4つあります。

 

  • 脂肪が溜まっている

お腹まわりは脂肪つきやすく、運動不足や食生活の乱れ、身体の冷えなどがあると脂肪が溜まってしまうことがあります。

  • 筋肉の衰え

臓器を守るため、お腹まわりは特に皮下脂肪がつきやすくなっています。日常生活ではあまり使わない部分でもあるため、意識して筋肉をつけない限り年齢とともに徐々に衰えていき、たるみが目立つようになります。

  • 便秘

便秘をすると腸に便やガスが溜まって、お腹が膨らんだ状態になりやすくなります。とくに下腹がポッコリになるのが特徴です。

  • 骨盤が歪んでいる

骨盤が歪み、内臓がその隙間に落ちた状態になると下腹が突き出しているように見えます。骨盤の歪みは、姿勢の悪さ、一日中同じ姿勢でいること、腹筋の衰えなどによって起こります。また、出産を機に歪んでしまうこともあります。

こんなお悩みはありませんか?

  • 運動してもお腹がなかなか凹まない
  • 年齢を重ねるにつれお腹がポッコリになった
  • 正しい食事やトレーニング方法がわからない
  • 洋服を素敵に着こなしたい
  • 運動習慣が継続しない

対処

ポッコリお腹の改善を目指して食事改善やトレーニングに励んでも、すぐに結果が出るわけではありません。まずは日常生活の中で以下のことに気を付けましょう。

◆睡眠を十分にとる

睡眠不足が続くと食欲をコントロールするホルモンの働きが乱れて必要以上に食べてしまうことがあります。食べ過ぎはポッコリお腹の大敵。毎日6〜8時間の睡眠をとるようにしましょう。

◆適度な運動をする

運動不足になると、血流が悪くなったり筋肉が少なくなったりして代謝が低下してしまいます。ウォーキングや軽いジョギングをするなど、適度な運動を継続的に行いましょう。

◆お腹を冷やさないようにする

お腹が冷えると内臓の働きが鈍くなり、代謝も落ちて脂肪が溜まりやすくなります。日中気を付けるのはもちろん、就寝中も冷えないよう、毎日お風呂に入って身体を芯から温めるようにしましょう。

改善・トレーニング

ハート鍼灸整骨院では、目標体重や理想の身体へ導くためのパーソナルトレーニングを行っています。

まずはカウンセリングを行い、専門トレーナーが個別プログラムを作成。ケガや故障を防ぎながら効率的なトレーニングを行います。

理想の身体づくりのほか、筋力アップによる代謝アップ、運動不足解消、脂肪燃焼、栄養・食事指導など、お客様の目的に合わせて柔軟に対応いたします。

PAGE
TOP